サンマ不漁いつまで 日本近海で進む魚種交代

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/11/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

秋の味覚を代表するサンマの不漁が食卓に打撃を与えている。イワシやスルメイカの漁獲も不振が続く。全ての魚が捕れなくなっているのではなく、マサバなどは漁獲量が増えた。どうやら日本を取り巻く漁場で「魚種交代」という、数十年規模の変化が起きているようだ。専門家は持続可能な漁業を目指し海の生態を詳しく調べる必要があると訴えている。

魚種交代といえる典型的な魚は、マイワシとカタクチイワシだ。

マイワシは日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]