ゼブラ、指が痛くならない多色ペン 女子高校生と開発

2019/11/8 17:19
保存
共有
印刷
その他

文具大手のゼブラ(東京・新宿)は女子高校生と共同開発した柔らかいグリップ付きの多色ボールペンを12月19日に発売する。カスタマイズが可能な多色ボールペン「サラサセレクト」にシリコーン製のグリップを取り付けた。トキワ松学園中学校高等学校(東京・目黒)で2017年にゼブラが実施した商品開発の体験授業で、出てきたアイデアを製品化した。

ゼブラ(東京・新宿)が12月19日に発売するやわらかいグリップがついた多色ボールペン「サラサセレクト ソフトグリップ」のイメージ。3色ホルダーと5色ホルダーの2種類がある

名称は「サラサセレクト ソフトグリップ」で3色ホルダーは220円、5色ホルダーは330円。軸色はライトブルー、ライトピンク、パープル。リフィルは全23色で110円。

従来の多色ボールペンはプラスチックの軸が直接指にあたっていた。勉強などで長時間使用すると疲れてしまうという悩みに着目。1年間の授業を通じて女子高校生がアイデア出しやプレゼンテーションをして製品化した。

ソフトグリップの5色ホルダーと限定リフィル4本、ミニサイズのボールペン「サラサ」を「プレゼントセット」として期間限定で発売する。価格は770円。クリスマスシーズンの友達とのプレゼント交換の需要も想定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]