ホンダ、4年ぶり500万台割れ 中国に難局打開のカギ

自動車・機械
中国・台湾
2019/11/8 17:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダは8日、2020年3月期の世界四輪販売が497万5千台になりそうだと発表した。16年3月期(474万3千台)以来、4年ぶりに500万台の大台を割る。中国は新車販売が好調で過去最高を見込むが、日本や米国、アジアで軒並み台数を落とす。業績低迷から抜け出すため、中国事業が難局を乗り切るカギになりそうだ。

「厳しい環境だから、中国では品質やブランドが選ばれる」。8日の記者会見で倉石誠司副社長は、逆…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]