3年ぶりの経済対策、五輪後まで視野

経済
2019/11/8 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は8日、3年ぶりの経済対策の策定を閣僚らに指示した。2019年度補正予算と20年度当初予算を一体とする大型予算を組み、喫緊の課題である災害対応から東京五輪後の景気動向までを視野に入れる。各府省庁は具体的な対策づくりに乗り出したが、財政赤字が膨らむなか、今まで以上にメリハリが問われる経済対策になる。

経済対策の柱は3つだ。1つは台風など自然災害への対応で、緊急性が最も高い。台風19号な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]