韓国、官民連携で水素先進国に挑戦 FCV620万台へ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
自動車・機械
朝鮮半島
2019/11/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国が官民連携で「水素社会」実現に向けて動き出した。水素で走る燃料電池車(FCV)やインフラ整備を進め、水素を石油や天然ガスを補うエネルギー源として活用する。現代自動車を筆頭に企業側も動き出しており、世界に先駆けて新エネルギーの普及を目指す。ただ安全確保など課題も多く、韓国の取り組みが水素社会実現への試金石となりそうだ。

「われわれの目標は2030年までに未来型自動車で競争力1位の国になることだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]