AI俳人・歌人 人の感性を詠む

カバーストーリー
2019/11/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)による俳句や短歌といった短詩型文学の創作が始まった。俳句大会に出場し、専門誌でも作品を発表。AIが最も苦手とする人の感性の領域に踏み込むだけに、試行錯誤が続く。

「人が情景を見て感じたことを言葉にするように、写真を認識して俳句を作る」。2017年から、AI俳人「一茶くん」の実証実験に取り組む山下倫央・北海道大学准教授は、俳句が生成されるプロセスをそう説明する。

同大調和系工学研究室…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]