10月の近畿倒産、11%増の222件 民間調べ

2019/11/8 16:10
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチ関西支社が8日発表した近畿2府4県の10月の倒産件数(負債額1千万円以上)は、前年同月比11%増の222件だった。前年同月を上回るのは4カ月連続。2019年で最多となった。米中貿易摩擦の影響で繊維や業務用機械の貿易量が落ち込み、中小・零細企業の倒産が目立った。消費増税で個人消費が伸び悩み、食品関連の企業倒産も増えた。

負債総額は18%減の185億4800万円と2カ月ぶりに減少した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]