バンダイ ルンバのミニチュア ガシャポンで

2019/11/8 16:03
保存
共有
印刷
その他

バンダイはアイロボットジャパン(東京・千代田)のロボット掃除機「ルンバ」のカプセル玩具「ガシャポン アイロボットルンバ」を月内に発売する。実際のルンバの7分の1のサイズで直径は約50ミリメートル。2002年に発売した初代ルンバや、自動充電機能を備えた04年発売のルンバなど、歴代機種のなかから4種類の"名機"をミニチュアで再現した。

バンダイが発売するミニチュアのルンバ(右4つ)。直径は実物のルンバ(左)の7分の1

本体を後ろに引っ張って手をはなすと動き出すプルバック仕様で、直進するだけでなく実際のルンバのように方向転換して走行する。掃除はしない。ルンバの独特な動きを再現するのに最もこだわったという。

「SNS(交流サイト)の影響もあり身近な商品のミニチュア化がトレンドになってきている」(バンダイ)。同社は他にもソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション4」などのミニチュア版も発売しており、ミニチュア人気のトレンドが継続するとみている。

料金は1回300円。全国の玩具売り場などにあるカプセル自販機で販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]