/

この記事は会員限定です

日本電産、環境債1000億円発行へ 国内最大額

EV用モーター開発費に

[有料会員限定]

日本電産は、環境に配慮した事業に資金使途を限る「グリーンボンド(環境債)」を近く発行する方針を固めた。発行額は計1000億円で、一度の発行額では国内最大となる。電気自動車(EV)の駆動用モーターの研究開発費や生産設備の投資に充てる。同社が環境債を発行するのは初めて。

ESG(環境・社会・企業統治)を重視する機関投資家の拡大を背景に、環境債は発行が増えている。日本電産は環境債の発行により、こうした投資家の需...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン