新潟・村上の宮尾酒造 「〆張鶴」さらに高品質へ設備投資を加速
信越ビジネス最前線

北関東・信越
2019/11/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「〆張鶴」ブランドで知られる宮尾酒造(新潟県村上市)。1819年の創業から今年で200年を迎えた。すっきりとしながらも米のうまみを感じられる〆張鶴のファンは首都圏や海外にも多い。国内の日本酒市場が縮小するなか、11代目の宮尾佳明社長は「今まで以上に品質にこだわる」と、新たな設備投資に力を入れる。イベントを通じ消費喚起も進める。

村上市東部を流れる門前川。宮尾酒造は川沿いの上片町で創業から変わらず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]