日産、「高齢車」を若返り 車齢3年内へ相次ぎ刷新

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
自動車・機械
2019/11/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車が主力車のモデルチェンジを急ぐ。新型モデルとなる全面改良のタイミングが先延ばしとなる「高齢車」が経営課題となっている。米国などで平均車齢が5年を超えており、2022年までに若返りを図る。発売から5年が経過した多目的スポーツ車(SUV)の3モデルを刷新する見通しがたった。値引きで販売を伸ばすビジネスモデルを見直し、新技術を搭載した新型車を投入することで収益改善につなげる。

11月に小型S…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]