中国、中央アで影響力 欧州がリスク意識
防衛研レポート

政治
2019/11/8 17:00
保存
共有
印刷
その他

防衛省防衛研究所は8日、中国の動向を分析した「中国安全保障レポート2020」を公表した。中国が中央アジアで影響力を強化しようとしている現状を指摘し「政治・安保面でのリスクに対する認識が欧州側で広まりつつある」と明記した。中国が広域経済圏構想「一帯一路」を通じて協力関係を拡大しているとも記した。

中国にとって中央アジアは地理的に近く安保・経済両面で要になる地域だ。ただ一部の国はロシアとのつながりが依然強く、中国が優位性を確保するのは難しいとの分析を示した。中国は一帯一路構想で各国への経済支援を打ち出しているが、ロシアによる対抗策が効果を発揮し、苦戦している状況にも触れた。

中国がエネルギー確保に向けて中東や欧州諸国と包括的な協力関係を築こうとする動きも紹介した。経済成長が続きエネルギー需要が高まる中国にとり、これらの地域での取引関係は「貴重な戦略的資産」と位置付けた。

同レポートは防衛研が毎年テーマを変えて発行している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]