川崎・多摩川流域の治水に大きな課題 台風19号で
潜望展望

台風19号
東京
南関東・静岡
2019/11/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月12日から13日にかけて、台風19号が関東甲信越や東北の広い地域に甚大な被害をもたらした。川崎市でも高津区内で多摩川支流の平瀬川が氾濫し1人が死亡したほか、中原区の武蔵小杉駅周辺などでも大きな浸水被害が出た。多摩川自体の堤防の決壊や越水はなかったにもかかわらず広大な面積が浸水し、治水対策に大きな課題を残した。

市下水道部によると、多摩川の水位が上昇したため、市街地の雨水を多摩川に流すための…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]