築地明石町の女 ロバート キャンベル

エッセー
2019/11/13 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空中に白い生地をふわりと投げて回すピザ職人のごとくに、江木良彦先生はわたくしの膝に置かれた袷(あわせ)を掬(すく)い取り、軽く投げた。水色に染められた白大島は優しい光沢を放ち、先生の腕の中をぐるりと回りながら、どんどん小さくなっていく。瞬く間にピシッと畳まれる。カワセミが水面から飛び立つ姿を捉えた写真のようで、ハッとさせる美しい瞬間であった。

2015年秋に初めてお目にかかった。大徳寺塔頭(たっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]