金利はどこまで下げられるのか
Global Economics Trends 編集委員 小栗太

小栗 太
Global Economics Trends
編集委員
2019/11/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年に入り、日欧の長期金利がマイナス水準に落ち込むなかで、一つの経済理論が注目を集めている。「リバーサル・レート論」。金利の低下が限界水準(リバーサル・レート)を超えると金融緩和効果が消え、逆に引き締め効果が生じるという分析だ。

■一定以上の金利低下は逆に「引き締め」に

この理論の歴史はまだ浅く、16年に米プリンストン大学のマーカス・ブルネルマイヤー教授が提唱した(The Reversal …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]