/

この記事は会員限定です

東証REIT指数が1カ月ぶり安値 市場関係者に聞く

[有料会員限定]

8日の東京市場で、不動産投資信託(REIT)全般の値動きを示す東証REIT指数は急落し、一時前日比63.78ポイント(2.9%)安い2168.94を付けた。取引時間ベースで10月3日以来約1カ月ぶりの安値だ。日米の長期金利上昇で債券と比べたREITの投資妙味が薄れるとの見方が背景にあるが、現状と今後の見通しについて市場関係者に聞いた。

金利上昇が原因、当面調整続く

重見吉徳・JPモルガン・アセット・マネジメント・グローバル・マーケット・ストラテジスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン