首相、2閣僚辞任「責任を痛感」 参院予算委で陳謝

政治
2019/11/8 13:50
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は8日の参院予算委員会で、菅原一秀前経済産業相と河井克行前法相が相次ぎ辞任したことについて陳謝した。「任命した者として責任を痛感している。国民に申し訳ない思いだ」と語った。「私は政策を前に進める責任を負っている。行政に遅滞があってはならない」と強調した。立憲民主党の福山哲郎幹事長への答弁。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]