訪日客にシニアが日常体験提供 佐賀・嬉野市

インバウンド
九州・沖縄
2019/11/8 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インバウンド(訪日外国人)の「コト消費」熱が高まっていることを受け、佐賀県嬉野市はスタートアップのTRIPLUS(トリプラス、横浜市)と連携協定を結んだ。同社が運営するインターネット・サイトで嬉野市在住の50歳以上のシニアと、日本の日常生活を体験したい訪日客を結びつけ、滞在時間やリピーターの増加など観光振興につなげる。シニア層に仕事や趣味を生かしたもてなしをしてもらうことで、生きがいや収入を増や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]