善福寺のイチョウ(東京・港) 戦禍伝える巨樹

ひと・まち探訪
コラム(社会・くらし)
2019/11/9 11:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「東京都の木」はイチョウだ。街の美化対策の一環として、1966年に制定された。ケヤキ、ソメイヨシノとともに候補に選ばれ、都民のはがきによる投票で5割近い支持を得たという。

明治神宮外苑の並木をはじめ、イチョウの名所は都内に多い。そのなかで一番の巨樹が麻布山善福寺(港区)にある。

墓地の一角に鎮座する姿は壮観だ。何本もの木がひとまとまりになったように見える幹はとにかく太い。都教育委員会によると、幹…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]