香港デモで男子大学生死亡 駐車場から転落

中国・台湾
2019/11/8 13:10
保存
共有
印刷
その他

男子大学生の転落に絡み、警察への抗議が相次いでいた(6日、香港)=AP

男子大学生の転落に絡み、警察への抗議が相次いでいた(6日、香港)=AP

【香港=木原雄士】香港で抗議活動が行われている中で、立体駐車場から転落して意識不明になっていた男子大学生が8日、死去した。6月に大規模デモが始まってから、抗議活動に直接絡む死者が出るのは初めて。現場では警察が催涙弾などを使ってデモ隊を強制排除していた。警察の責任を問う声もある。厳しく取り締まる警察への反発が強まるのは必至だ。

死去したのは香港科技大学に通う22歳の大学生。4日未明に九龍半島の住宅街、将軍澳の駐車場の3階で倒れているのが見つかった。病院に搬送されて手当てを受けたが、危篤の状態が続いていた。大学生はガスマスクをしていなかった。市民の間では、警察が使用した催涙ガスが転落につながったとの見方や、警察が救急車の通行を妨害したとの批判がある。

警察は「大学生は4階から誤って転落した」との見方を示し、救急車の通行を妨げた事実はないと主張している。催涙弾を使用した場所も現場から約120メートル離れていたという。

香港のデモは9日に発生5カ月を迎える。警察は住宅街でも大量の催涙弾を使うなどデモ隊の取り締まりを強化している。初の死者が出たことで、警察への反発から抗議活動が激しくなる可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]