人間らしい女性ヒーロー 映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」

アートレビュー
2019/11/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

圧巻のパワーを放つ低予算のSFサスペンス映画『ターミネーター』(1984年)で世に出た監督がジェームズ・キャメロンだ。7年後、彼は殺人機械ターミネーターのキャラクターを大幅に変更、未来の救世主を護(まも)るT-800型に進化させて『ターミネーター2』を生み、やがて『タイタニック』『アバター』の成功で大ヒット・メーカーになった。

キャメロンはアーノルド・シュワルツェネッガーの筋肉を鋼鉄に見立て、未…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]