プラごみ抜本対策 容器再利用モデルに大手が注目
進むプラスチックごみ対策(下)

コラム(テクノロジー)
2019/12/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界的に関心が高まっている海洋プラスチックごみ問題の解決へ向けて、新しいビジネスモデルが登場した。シャンプーや洗剤、化粧品、清涼飲料、アイスクリームといった日用品や食品を、容器を「使い捨てない」で販売するというものだ。2019年5月、パリとニューヨークで始まった。20年には、ロンドンやトロント、サンフランシスコ、さらには東京でも展開が始まる予定だ。江崎グリコやサントリー食品インターナショナルなど…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]