/

米大統領選、ブルームバーグ元NY市長が出馬検討か

【ワシントン=永沢毅】複数の米メディアは7日、マイケル・ブルームバーグ元ニューヨーク市長(77)が2020年米大統領選で民主党候補として出馬を検討していると伝えた。同氏は3月にいったん出馬断念を表明していた。バイデン前副大統領と同じく中道派と目されており、指名候補争いに影響を与えそうだ。

米紙ワシントン・ポストによると、ブルームバーグ氏のスポークスマンは「いまの民主候補の指名争いは、トランプ大統領を打倒する状況になっていない」と語った。8日に締め切りを迎える南部アラバマ州の予備選に参加するための書類を提出する準備を進めているという。

一代で金融情報サービス会社を築き上げたブルームバーグ氏は富豪としても知られ、民主で存在感を増すウォーレン上院議員ら左派候補への警戒感が強いとされる。バイデン氏が息子も関わるウクライナ疑惑で支持の広がりを欠いている状況を踏まえ、自らの出馬が「民主党員に新たな選択肢を示すことができる」(スポークスマン)と考えているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン