スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

井上尚、米トップランク社と複数年契約

2019/11/8 1:29
保存
共有
印刷
その他

WBSSバンタム級トーナメントを制した井上尚弥(大橋)が、米興行大手のトップランク社と複数年契約を結んだことが7日発表された。同社のトッド・ドゥボーフ社長が井上尚―ドネア戦後に記者会見し、「井上はとても特別な選手。世界的なスターにしていきたい」と語り、次の2試合は米国で行う希望を明らかにした。

同社はムハマド・アリやマニー・パッキャオら多くの名選手を手掛けてきた。村田諒太(帝拳)とも契約している。井上尚は「このような契約を結べてうれしい。また来年から厳しい戦いが待っていると思うので、精進してやっていきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

中国・青島から帰国し、取材に応じる原沢久喜(15日、成田空港)=共同

 東京五輪代表選考会の一つ、柔道のマスターズ大会に出場した日本代表が15日、中国の青島から成田空港に帰国し、男子100キロ超級で優勝した原沢久喜(百五銀行)は「レベルの高いトーナメントだった。今年の最 …続き (15日 21:10)

TKO勝ちで2度目の防衛を果たした天海ツナミ(14日、内之浦銀河アリーナ)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)女子ライトフライ級タイトルマッチ10回戦は14日、鹿児島県肝付町の内之浦銀河アリーナで行われ、35歳の王者天海ツナミ(山木)が、挑戦者で同級1位のジョゼベル・パガデュアン …続き (14日 23:10)

男子100キロ超級準決勝、ロシア選手(左)を破った原沢(14日、青島)=共同

 【青島(中国)=共同】東京五輪代表選考会の一つである柔道のマスターズ大会最終日は14日、中国の青島で男女計5階級が行われ、男子100キロ超級では2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルで世界選手権2位 …続き (14日 21:44)

ハイライト・スポーツ

[PR]