/

井上尚、米トップランク社と複数年契約

WBSSバンタム級トーナメントを制した井上尚弥(大橋)が、米興行大手のトップランク社と複数年契約を結んだことが7日発表された。同社のトッド・ドゥボーフ社長が井上尚―ドネア戦後に記者会見し、「井上はとても特別な選手。世界的なスターにしていきたい」と語り、次の2試合は米国で行う希望を明らかにした。

同社はムハマド・アリやマニー・パッキャオら多くの名選手を手掛けてきた。村田諒太(帝拳)とも契約している。井上尚は「このような契約を結べてうれしい。また来年から厳しい戦いが待っていると思うので、精進してやっていきたい」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン