プロ野球

鈴木、先制打に2戦連発 不動の4番が日本けん引

2019/11/8 1:17
保存
共有
印刷
その他

熱烈なファンが詰めかけた敵地での戦いを前に「あの応援の雰囲気にのまれないように」と語っていた稲葉監督。後手に回らぬ采配を意識していただろう指揮官の心配を、不動の4番のバットが一掃した。

台湾戦の三回、2ランを放つ鈴木=共同

台湾戦の三回、2ランを放つ鈴木=共同

一回2死二塁で、鈴木が中堅左を抜ける適時三塁打。1ボールからの外角スライダーを振り抜いた一打に「自分の決めた球をしっかりスイングできたのが一番よかった」と振り返る。「大切に考えていた」という先制点を自らのバットでたたき出すと、5番の吉田正も今大会初安打となる右前適時打で続いた。

既に2次ラウンド進出を決めている両チームだが、直接対決の対戦成績は次のラウンドに持ち越される。今大会で東京五輪の出場権を得たい台湾にとっても落とせない一戦。三回からはこれ以上の失点を防ぐべく、早めの継投策に出た。そのもくろみを砕いたのも、鈴木の一撃だ。

左腕の王宗豪を攻めた2死一塁で、甘く入った速球を左中間へ高々と打ち上げる2ラン。「得点圏で回してもらうことが多く、集中して打席に入れている」という25歳のバットは止まらず、九回にも適時打で3安打4打点。本塁打は前夜の3ランに続いて2戦連続、打点は3戦連続と1次ラウンドで乗りに乗った。

今季のセ・リーグ首位打者は台湾での3戦全てで4番を任された。稲葉監督からの厚い信頼が重圧になりかねない中でも「全く意識していないです。特に考えていない」と自然体でどっしりと構える。打線にぶれない軸ができ、日本での戦いを迎えられるのは心強い。(常広文太)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

守備練習するソフトバンクの甲斐。左はヤクルトの嶋(19日、沖縄県金武町)=共同

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が19日、沖縄県金武町で練習を公開し、昨年より5キロ絞った体重80キロで切れのある動きを披露。東京五輪へ向け「稲葉監督から、何としてでも金メダルを取るんだという気持ちが伝わ …続き (19日 19:39)

米大リーグ、パドレス傘下のマイナーから楽天に加入し、練習を公開した牧田(19日、楽天生命パーク宮城)=共同

 昨季米大リーグ、パドレス傘下のマイナーでプレーし楽天に加入した牧田和久投手が19日、楽天生命パーク宮城で練習を公開し、西武に在籍した2017年以来の日本でのプレーに「3年ぶりに日本に復帰して戸惑いは …続き (19日 15:10)

 中日は19日、2月の春季キャンプの1、2軍の振り分けを発表し、新人では橋本(大商大)岡野(東芝)郡司(慶大)が1軍スタートとなった。2軍にはドラフト1位の石川昂(愛知・東邦高)に加え、主力では平田、 …続き (19日 15:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]