即位祝い10日にパレード 交通規制、都心広範囲で

2019/11/8 11:32 (2019/11/8 17:10更新)
保存
共有
印刷
その他

天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が10日、東京都心部で開催される。この日は朝から夕方にかけて大規模な交通規制が実施される。規制対象エリアは時間帯で異なり、警視庁はホームページでの確認を呼び掛けるとともに「周辺での車両利用は控えてほしい」としている。

パレードのコースは皇居から赤坂御所までの約4.6キロ。天皇、皇后両陛下は10日午後3時ごろに皇居を出発し、国会正門前や赤坂見附などを経て、約30分で赤坂御所に到着される見通しだ。

【関連記事】 即位パレード、インスタ映えは?(写真でみる永田町)

皇居や赤坂御所を含むコース周辺の一般道では10日朝から交通規制が行われる。

二重橋前から大手町付近では、午前7時~午後4時半ごろまで全面通行止めとなる。パレードのコースの祝田橋交差点付近では午前7時~同9時ごろと、午前11時~午後4時半ごろまで通行できない。国会正門前付近から赤坂御所付近にかけても午前7時~同9時ごろと、正午~午後4時半ごろまで全面通行止めとなる。ほかにも近隣の一部エリアで交通規制が行われる。

「祝賀御列の儀」で天皇、皇后両陛下が乗るオープンカー

「祝賀御列の儀」で天皇、皇后両陛下が乗るオープンカー

首都高でも交通規制を実施する。10日午後1時半~同4時ごろまで、都心環状線の竹橋―谷町の内外回りと、4号新宿線の西新宿―三宅坂の上下線で通行止めとする。ただ新宿線は外苑入り口から下り方面への通行は可能という。

地下鉄でも大手町駅や日比谷駅、青山一丁目駅などで一部の出入り口が閉鎖される。

警視庁はパレード前日の9日に行われる「国民祭典」でも、正午頃から午後8時ごろまで内堀通りの大手門交差点―祝田橋交差点などを通行止めにする予定だ。同庁はホームページで迂回路を紹介するなどして注意を呼び掛けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]