スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング井上尚弥、ドネア下し優勝 WBSSバンタム級

2019/11/7 22:30
保存
共有
印刷
その他

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者の井上尚弥(26、大橋)がWBAスーパー王者で5階級制覇を達成しているノニト・ドネア(フィリピン)を3-0の判定で下し、優勝を飾った。

1回、ノニト・ドネア(右)を攻める井上尚弥(さいたまスーパーアリーナ)

1回、ノニト・ドネア(右)を攻める井上尚弥(さいたまスーパーアリーナ)

欧州のプロモーターが企画して始まったWBSSトーナメントは、これまでクルーザー級、スーパーミドル級、スーパーライト級を含む4階級で開催されてきたが、日本ボクサーとして初参戦で頂点に立った。

【関連記事】 ボクシング井上拓真は判定負け WBC王座統一戦

井上尚は昨年10月の1回戦(準々決勝)でフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に、世界戦における日本ボクサー最短KO記録となる初回1分10秒でKO勝ち。今年5月には英国グラスゴーでエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)も2回TKOで下し、決勝に駒を進めていた。

井上尚はWBA王座3度目の防衛、IBF王座の初防衛にも成功し、プロデビューからの戦績は19戦全勝(16KO)となった。

合わせて行われた世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王座統一戦では、井上尚の弟で暫定王者の拓真(23、大橋)が正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33、フランス)に0-3の判定で敗れた。井上拓はプロ14戦目で初黒星(13勝3KO1敗)となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

女子団体組手決勝 静岡の選手を破った千葉の植草歩=右(7日、高崎アリーナ)=共同

 空手の全日本選手権第1日は7日、群馬県の高崎アリーナで、都道府県別で争う団体組手が行われ、女子は2018年世界選手権銀メダリストの植草歩(JAL)を擁する千葉が決勝で静岡を2―0で退け、4年連続5度 …続き (7日 19:35)

 プロボクシングで具志堅用高ら13人の世界チャンピオンを輩出した協栄ジム(東京都新宿区)が活動休止となることが7日、分かった。金平桂一郎会長によると、ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会へ9日にも …続き (7日 11:19)

前日計量をパスし、ポーズをとる岩佐亮佑(右)とマーロン・タパレス(6日、ニューヨーク)=共同

 【ニューヨーク=共同】国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級暫定王座決定戦(7日・ニューヨーク)の前日計量が6日、ニューヨークで行われ、同級1位の岩佐亮佑(セレス)、同級3位のマーロン・タパ …続き (7日 8:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]