富士通、判断根拠示せるAI 19年度に実用化

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
エレクトロニクス
2019/11/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通は人工知能(AI)の判断理由を説明する技術を実用化する。自社開発したデータ分析の精度を高める技術を2019年度中に提供する。ディープラーニング(深層学習)の根拠を説明する技術も実証実験に取り組んでいる。AIは分析の過程がブラックボックスだと指摘されてきた。富士通は2つの手法でAIの根拠を示し、普及を後押しする。

現在のAIは大量のデータを学ばせるディープラーニングという手法が主流だ。分析精…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]