関電、原電から金融支援要請 「必要性を判断」

環境エネ・素材
関西
2019/11/7 20:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力は7日、日本原子力発電(原電)から東海第2原子力発電所(茨城県東海村)の再稼働に向けた金融支援の要請を受けた。内容は明らかにしていない。関電は同原発の受電会社ではないが、原電の敦賀原発2号機(福井県敦賀市、停止中)の受電会社だ。関電は「東海第2原発の再稼働が原電の経営基盤などにどのような効果をもたらすかを見極め必要性を判断する」としている。

これまで関電は東海第2原発の再稼働に向けた原電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]