韓国、半導体素材国産化に「死の谷」 脱・日本に壁

日韓対立
朝鮮半島
2019/11/7 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国政府は部品・素材国産化へ大手財閥を巻きこむ(サムスン電子と中小企業の共存・協力協約式で李在鎔副会長と握手する文在寅大統領=右)=大統領府提供

韓国政府は部品・素材国産化へ大手財閥を巻きこむ(サムスン電子と中小企業の共存・協力協約式で李在鎔副会長と握手する文在寅大統領=右)=大統領府提供

韓国政府がハイテク部品・素材の国産化に乗り出した。日本政府が7月に半導体材料の輸出管理を強化したことで、韓国が重要技術を日本に握られている「不都合な真実」が改めて浮き彫りになったためだ。ただ、部品・素材の国産化は過去に何度も取り組んでは尻すぼみに終わった歴史がある。「脱・日本」へのハードルは高い。

【関連記事】 韓国、儒教資本主義のワナ 露呈した「匠」軽視の弊害

「LGディスプレーがフッ化水素の100%国産化を完了」――。10月15日、韓国メディアは一斉に報じた。日本の輸出管理強化から100日あまりでの発表に「日本依存からの脱皮」と歓迎する論調が相次いだが、真相はやや異なる。

■原材料は日本製

同社が製造工程で使うのは、輸出管理の対象外である低純度フッ化水素を加工したエッチングガスだ。これまでは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]