/

この記事は会員限定です

住友電工、減益修正に動じぬ5Gの期待値

大阪経済部 梅国典

[有料会員限定]

住友電気工業の株価が急回復している。1日に2020年3月期の業績予想を一転して減益に下方修正してからも買いが続き、8月下旬の安値からの上昇率は34%に達した。次世代通信規格「5G」への設備投資に関連して、恩恵を受けそうな企業を探す投資家のマネーの後押しを受けている。数多くある5G関連企業の中で主役になれるのか。

なぜ売上高の4割を占める自動車向けワイヤハーネス(組み電線)の展示がないのか――。4日閉幕した東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン