東京都、来年度予算要求0.9%減 五輪パラ施設整備一巡

2019/11/7 19:33
保存
共有
印刷
その他

東京都は7日、2020年度予算の各部局からの要求状況を公表した。一般会計総額は19年度当初予算比0.9%減の7兆3926億円だった。20年五輪・パラリンピックの施設整備などが一巡する影響が大きい。19年度にあった旧「こどもの城」の購入経費もなくなる。一方、次世代通信規格「5G」関連を手厚くする。

一般会計の総額は684億円減少した。減少するのは2年ぶり。五輪関係では施設整備費が681億円減少し、関連する都立体育施設などの改修費も223億円減った。19年度は旧「こどもの城」の購入などで609億円を計上していた。

一方、超スマート社会「ソサエティ5.0」の推進事業を25億円と23億円増やした。都が5G重点推進エリアに指定した西新宿エリアの整備で5億円を計上したほか、同じく重点エリアの都立大学(現首都大学東京)の関連予算も31億円上積みした。

5G関連では各局から要求が出されており、小学校や介護施設のICT環境の整備などの要求もあった。都は元ヤフー社長の宮坂学副知事が主導する5G関連の事業を推進する方針だ。

特別会計などを加えた合計は15兆328億円。今後、年明けにも予定される知事査定を経て予算案としてまとめる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]