米LNG輸出、アジアへ攻勢 パナマ運河 運航枠倍増へ
年内にも 中国向け急減、需給引き締め狙う

環境エネ・素材
東南アジア
北米
中南米
2019/11/7 21:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米エネルギー業界がアジア向けに液化天然ガス(LNG)の輸出攻勢をかけている。主な購入先は中国を除く日本やシンガポールなどだ。アジア向け航路の要衝であるパナマ運河の通航増加を見込み、パナマ運河庁はLNG船の通航枠を年内にも1日4隻に倍増させる方針を示した。米国ではシェールガスの生産増や貿易戦争による対中輸出の急減で天然ガス相場の低迷が続く。国内需給を引き締めたい米業界の思惑もあるとみられる。

米エ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]