米中摩擦「良い方向で終息」 中国研究機関幹部

2019/11/7 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=中藤玲】中国の商務部国際貿易経済合作研究院の曲維璽副院長は7日、日本経済新聞社の取材に応じ、米中貿易戦争について「既に緩和の状況に入った。今後の米中貿易は良い方向に向かうだろう」との見通しを示した。

同研究院は商務部傘下の研究機関で、約300人の研究員が経済や貿易、社会をテーマに分析などを行っている。

米中は近く両国の首脳による貿易協議が予定されており、「部分合意」の署名を巡って政府間の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]