「2人で世界トップ目指す」 クボタ社長交代会見

自動車・機械
2019/11/7 18:10
保存
共有
印刷
その他

クボタの次期社長に決まり記者会見する北尾裕一副社長(右)と会長になる木股昌俊社長(7日午後、大阪市北区)

クボタの次期社長に決まり記者会見する北尾裕一副社長(右)と会長になる木股昌俊社長(7日午後、大阪市北区)

クボタは7日、大阪市内で社長交代の記者会見を開き、木股昌俊社長(68)と次期社長に内定した北尾裕一副社長(63)が出席した。主な一問一答は以下の通り。

――次期社長を打診した時期は。

木股社長「8月初旬だ。2020年度からの長期ビジョン策定に向けた土台作りの時間が必要なため伝えた。北尾氏は主力事業に長く携わり、失敗も多かったがチャレンジ精神を持って進めた。リーダーとしての資質も持ち合わせている」

――社長と会長の役割分担は。

木股社長「北尾氏にはデジタル化とイノベーションを重点的にやってもらいたい。私はグローバル化をサポートし、関西経済連合会など社外の仕事を当面引き受ける。グローバルメジャーブランドを2人で目指したい」

――社長就任後に力を入れたいことは。

北尾次期社長「大きな変革期を迎えている。新旧の技術や社内外の技術を融合させてイノベーションを起こしたい。クボタはICT(情報通信技術)の活用に力を入れている。ロボット農機やスマート農業支援システムで業界を変えたい」

「欧州は(12年に買収したノルウェーの)クバンランドとシナジーを出せるよう開発を進め、北米では大型トラクターのM8を育てたい」

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]