/

この記事は会員限定です

表現の自由は今 検証「あいちトリエンナーレ2019」

[有料会員限定]

10月14日に閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。脅迫による中止と再開を経た企画展「表現の不自由展・その後」は、芸術祭の運営や文化行政に課題を突きつけた。浮き彫りとなった問題を検証する。

ネット上の批判 想定超えた拡散

前代未聞の騒動となった企画展は、4年前に東京・練馬のギャラリーで開催された「表現の不自由展」の後継企画だった。従軍慰安婦を象徴した少女像や、昭和天皇の肖像を用いたコラージュ作品を燃やす映像に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4018文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

窪田 直子

カバージャンル

  • 西洋美術
  • 日本美術
  • 建築
  • 写真

経歴

東京編集局文化部で20年以上にわたり、美術記者として西洋美術、日本美術、建築や写真の潮流を追い、展覧会評、日曜朝刊のカラー連載「美の巨人」「美の故郷」「美の美」「美の粋」などを執筆してきました。2019年4月から論説委員を兼務しています。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン