オリパラ考

フォローする

追加経費・安全…札幌開催、責任は誰が取る
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/11/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催されることが正式に決まった。レース当日に札幌が確実に東京より涼しくなるとは限らないが、選手や観客、ボランティアの健康を考慮すれば条件は良くなった。だが、安全についてはリスクがむしろ高まったと感じている。

国際オリンピック委員会(IOC)と東京都、大会組織委員会、政府の4者協議では、札幌への変更に伴う経費の負担を都が負わないことを合意し、どこが負担するかは先送り…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
交通事故に巻き込まれて負傷した桃田。今後のプレーへの影響は楽観できない

 バドミントン男子の桃田賢斗(25)が13日、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷した。2020年初戦のマレーシア・マスターズで優勝した翌日。帰国するため空港に向かっていた道中で見舞われた不 …続き (1/17)

高視聴率を誇る箱根駅伝だが、その価値を十分に生かし切れていない=共同共同

 国内最強のスポーツコンテンツといえば箱根駅伝が挙げられる。新年2日、3日のテレビ中継の関東地区の平均視聴率は往路が27.5%、復路が28.6%。2年連続の30%超えはならなかったが、2日間で約11時 …続き (1/10)


 2024年パリ五輪の大会組織委員会は追加競技としての実施が確実なサーフィンの開催地にフランス領ポリネシアのタヒチを選んだ。開催都市から1万5千キロ以上も離れたほぼ地球の反対側ともいえる南太平洋。実現 …続き (1/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]