/

大型集客施設リム、「今年度末までに方向性」

広島・福山市長

広島県福山市の枝広直幹市長は7日の定例会見で、2020年8月に閉館する大型集客施設「エフピコRiM(リム)」について「超スピード再生」させる考えを示した。就任時からの最重要課題と位置付けるJR福山駅前再生の流れを止めず、最小のコストでにぎわいを創出するために「19年度末までに活用法の方向性を示す」とした。

来年8月で閉館となるエフピコRiM(広島県福山市)

1992年築のリムについて「設備は老朽化しているが躯(く)体はまだ使いようがある」と指摘。運営会社の撤退が続くことも踏まえ「(全館活用ではなく)商圏に応じた活用も選択肢」とも述べた。今後は駅前再生を話し合う「福山駅前デザイン会議」が市民の声も聞きながらリム再生も議論するよう求めた。

市は17年度からリム活用の調査を進めており、全体改修(事業費65億円)や一部閉鎖(同40億円以下)、解体(同30億円)など4案を示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン