プレーバック

フォローする

「商業五輪」の原点 1984年ロサンゼルス五輪

Tokyo2020
2019/11/7 18:00
保存
共有
印刷
その他

1984年7月、ロサンゼルスの空から噴射装置を背負った「ロケット人間」がスタジアムに降り立った。世界を驚かせた開会式の演出、カール・ルイスの陸上4冠などで記憶に残るロス五輪は今に続く「商業五輪」の原点でもある。

ロサンゼルス五輪の開会式で空を飛ぶ「ロケットマン」=AP

ロサンゼルス五輪の開会式で空を飛ぶ「ロケットマン」=AP

76年モントリオールは大赤字、80年モスクワは西側諸国のボイコットに遭い、大きな危機に直面していた五輪に、実業家でもあるピーター・ユベロス大会組織委員長が次々と改革を打ち出した。

協賛企業に五輪マークの使用を独占的に認め、テレビ局からは高い放映権料を獲得した。終わってみれば大会は2億ドル超の黒字となり、このビジネスモデルはサッカーのワールドカップなど他の国際大会にも拡大した。

五輪で得られる収益は各競技団体や選手に還元される一方、大口スポンサーである米テレビ局の意向が競技運営にも強く影響を及ぼすようになった。東京大会で競泳決勝などが午前中に行われるのも、米国のゴールデンタイムに合わせた調整の結果と考えられている。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
ロンドン五輪から帰国し、銀メダルを手にポーズをとる三宅宏実選手と父の義行コーチ=共同共同

 親がコーチを務める選手はいても、親子2代で五輪のメダリストとなると限られてくる。そのひとりに挙げられるのが、2012年ロンドン大会の重量挙げ女子48キロ級で日本女子初の表彰台に上がった三宅宏実だ。

  …続き (1/16)

五輪で日本選手最多の通算8個の金メダルを獲得した加藤沢男。1968年メキシコ大会でのつり輪の演技=共同共同

 回転技や力技でも手先や足先がピンと伸びた美しい姿勢に、正確無比な演技。加藤沢男は1960~70年代に世界を席巻した体操ニッポンをけん引し、今に続く伝統を築いた代表的選手だった。

 大学生で初出場した1 …続き (1/9)

1964年東京五輪の男子マラソンで3着でゴールインする円谷幸吉=共同共同

 11月に装い新たに生まれ変わった国立競技場。1964年東京五輪のメインスタジアムとなった旧競技場の歴史に刻まれる名場面が、陸上男子マラソンでの円谷幸吉の走りだ。

 曇天の10月21日。2時間12分11 …続き (2019/12/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]