カット果物の鮮度長持ち 冷蔵ケース、食品ロス削減

サービス・食品
中国・四国
2019/11/8 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品加工の中温(松山市)はカットフルーツの鮮度を長持ちできる冷蔵ショーケースを開発した。不凍液を使った特許技術で、保存に適したセ氏3度以下を安定して保つ。イトーヨーカ堂が東京都内の店舗で試験導入した結果、パイナップルなどの賞味期限の延長ができ、廃棄率の減少や売上高増の効果があった。導入が広がれば食品ロス削減が期待できる。

中温は不凍液で冷媒を覆うことで壁を作り、庫内の温度変化の波を抑える技術を開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]