「都の西北」日本と米国 芸術文明史家 鶴岡真弓

エッセー
2019/11/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学構内を意味する「キャンパス」はラテン語の「野/原」が語源。学術・芸術を育む場所には自然豊かな環境が理想的だ。

西欧では、前身が修道院だった大学が多い。修道院には『薔薇(ばら)の名前』の映画の如き文書館や写本室が備わり、修行は厳しくも周りに風光明媚(ふうこうめいび)な自然が息づいていた。

近代日本でも多くの大学が、都市郊外の野や森に囲まれた場所に創設された。「自然の摂理」に籠(こ)められた叡知…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]