帝国ホテルと「タリアセン」 芸術文明史家 鶴岡真弓

エッセー
2019/11/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

帝国ホテル「ライト館」を設計したフランク・ロイド・ライトは、20世紀アメリカ建築界の巨匠とされてきた。だがアイデンティティはアメリカ人ではなく、移民の祖先「ウェールズ人」にあると、その分厚い『自伝』に深く刻んでいる。

米国ウィスコンシン州の自邸/教育現場「タリアセン」に今日世界の建築家は詣でる。この本拠の名称こそウェールズの詩神の名から採られたものだった。母の血がウェールズ。「ケルト文化」の地。…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]