小田急電鉄、QRコードで運行情報発信 訪日客対応強化

2019/11/7 19:07
保存
共有
印刷
その他

小田急電鉄は8日から、QRコードを活用した運行情報の発信を始める。車両や駅構内にQRコードを載せたステッカーなどを掲出し、運行情報サイトに誘導する。東京五輪・パラリンピックで訪日外国人客が増えることを想定し、スマートフォンなどで運行情報にアクセスしやすい環境を整える。

訪日客への情報発信を強化する(イメージ)

車両内のドア上部などにQRコードを設け、すべての車両でQRコードから運行情報を確認できる。リンク先のページは日本語のほかに英語、中国語、韓国語で運行情報を掲載している。

台風や大雪など悪天候で運転の見合わせなどが発生した際には、各駅の窓口でQRコードを載せたカードを配り、利用客が乗車前に運行情報を確認できるようにする。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]