/

東急、1車両の防犯カメラ4台に リアルタイムで確認

東急電鉄は2020年に各車両内の防犯カメラの数を従来の最大2台から4台に増やす。蛍光灯と一体になったカメラを設置。ソフトバンクの通信システムを活用し、管理事務所などでほぼリアルタイムに映像を確認できる。死角やタイムラグを減らし、セキュリティーを強化する。

蛍光灯の一部にカメラとデータ通信機能がついた「IoTube(アイオーチューブ)」を活用する。タイムラグは最大1分で、開発には同社も実証実験で協力した。電灯に供給する電力で作動する。

映像の確認は現在、車内のカメラから記録媒体を抜き取り、パソコンで閲覧する必要がある。新しいカメラは撮影した映像をそのままパソコンに送信できる。車内でトラブルが起こった際、すぐに状況を確認でき、迅速な対応が可能になる。20年3月に設置を始め、同年7月までにこどもの国線を除く全車両に取り付ける予定だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン