/

明暗に目が慣れる仕組み解明 阪大

大阪大学の古川貴久教授と茶屋太郎准教授らは明るくなったり暗くなったりと環境が変化しても目が慣れ、ものを見ることができる「明暗順応」の仕組みをマウスで解明した。網膜にある視細胞のうち暗がりでよく働く桿体(かんたい)細胞で酵素「klhl18」が働き、光情報を伝えるたんぱく質「トランスデューシン」のスムーズな移動を助けていた。これにより光を受ける感度を調節していた。

暗い場所ではトランスデューシンが桿体細胞の外側に集まり、光の感度を上げる。一方、明るい場所では内側に移動して感度を下げ、適切にものが見えるようにするとともに視細胞を保護することが知られている。マウスの目で調べると、klhl18は暗いときに別の物質を分解し、移動を制御していた。

光を感じることは視覚に不可欠だが、難病の加齢黄斑変性や網膜色素変性症を進める要因にもなる。研究チームは光による視細胞の変化を免疫抑制剤が抑えることも解明。治療薬開発に役立つとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン