住商、モロッコ工業団地参入 英からの拠点移転見込む

英EU離脱
貿易摩擦
2019/11/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友商事は工業団地事業でアフリカに初めて進出する。このほどモロッコ政府系の開発公社、タンジェ地中海特別庁(TMSA、タンジェ市)と工業団地の販売代理契約を結んだ。日系企業の進出を後押ししつつ、自社での造成に向けた布石とする。英国の欧州連合(EU)離脱問題や米中貿易摩擦を受け、自動車関連を中心とする生産拠点の移転需要を取り込む。

タンジェはモロッコ最北部にある港町。9月にタンジェ周辺の計5カ所、総…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]