/

この記事は会員限定です

臨界点の金融政策には「アート」 山川哲史氏

バークレイズ証券調査部長

[有料会員限定]

主要国の金融政策は「臨界点」に達しつつある。米連邦準備理事会(FRB)はなお、ゼロ金利政策への復帰といった選択肢を残しているが、欧州中央銀行(ECB)は量的緩和を巡る不協和音に加え、緩和効果がそれ以下で反転するとされる「リバーサルレート」に金利水準が接近しているとの共通認識もあり、金融政策の方向性を巡る不確実性が増している。

リバーサルレートの水準が欧州に比べ相対的に高いとされる日本では、金融緩和...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン