東芝、AI人材を2000人に 東大と育成プログラム

ネット・IT
エレクトロニクス
AI
2019/11/7 11:20
保存
共有
印刷
その他

東芝は7日、2022年度までにグループ内の人工知能(AI)人材を現在の2.7倍の2000人体制にすると発表した。東京大学と共同で社内でAI技術者を短期間で育成するプログラムを開発し、12月から導入する。国内外でAI関連人材の獲得競争が激しくなるなか、新規採用に加えて、社内で人材を育成できる体制も整える。

新しい育成プログラムでは、東京大学の研究者を講師に招き、東芝の社員が数カ月間で講習や演習を受ける。最新のAIの手法のほか、東芝グループが保有する製造業の現場で蓄積されたデータを使い、ビッグデータの利活用の方法を学ぶ。22年度までに同プログラムを通じて約350人のAI技術者を育てる。

東芝グループには現在、AI技術者が750人所属している。新卒や中途も積極採用するほか、数学や工学などの知見を持っている従業員にAIの専門知識を学んでもらうことで、AIに習熟した人材を増やす。

経済産業省の調査によると、AIやあらゆるモノがネットにつながる「IoT」など先端のIT分野の人材は20年度に4万8000人足りなくなるという。高額報酬などで人材獲得を競う動きが激しくなっており、社内でAI人材を育成する動きが広がりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]