ツイッター元従業員らスパイ行為で起訴 米司法省
サウジ政府に協力か

ネット・IT
北米
2019/11/7 11:08
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米司法省が、SNS(交流サイト)大手ツイッターの元従業員2人を含む3人をサウジアラビアのスパイ活動に協力したとして起訴したことが6日わかった。ツイッター上でサウジに批判的な投稿をしたユーザーを特定し、個人情報をサウジ側に渡していたとみられる。社会インフラとして定着したSNSの事業者の法令順守を問う声が改めて強まりそうだ。

元従業員らは、ツイッター上でサウジに批判的な投稿をしたユーザーを特定し、個人情報をサウジ側に渡していたとみられる=AP

元従業員らは、ツイッター上でサウジに批判的な投稿をしたユーザーを特定し、個人情報をサウジ側に渡していたとみられる=AP

司法省が起訴したツイッター元従業員は、サウジ国籍と米国籍の2人。さらにサウジ当局関係者と元従業員の仲介役を務めたとしてサウジ国籍の1人も起訴した。米メディアによれば、サウジ人が米国内でのスパイ行為で起訴されたのは初めてという。

6日に公開された訴状によると、ツイッター元従業員の2人は2014~15年に、サウジ王室を批判するような投稿をした利用者の電子メールアドレスや生年月日、電話番号などを入手するために、社内システムに複数回にわたってアクセスした。

合計で6000以上のアカウントの個人情報にアクセスし、サウジ側から対価として腕時計や現金などを受け取ったとみられる。サウジは反体制派の把握などが目的だった可能性がある。米メディアは、アカウントのなかには18年にトルコで殺害されたサウジ人著名記者のカショギ氏と親しい人物も含まれていると伝えている。

ツイッターは、機密性の高いユーザー情報へのアクセス権限は訓練を受けた一部の従業員に限定しているという。同社は6日「ツイッターを使って自分の見解を世界に共有し、権力者に説明責任を求めようとする多くの人々が直面している大きなリスクを認識している」との声明を出した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]